小型ドローンMAVIC AIRが来ました

:0797-73-5554
お急ぎの場合は:090-3168-2278

小型ドローンMAVIC AIRが来ました

2018-08-20

2014年から使っているPhantomシリーズですが、とても安定していて、操縦もしやすいので大変気に入っているドローンです。

1本のバッテリーの持ちも25分ほど(飛行環境により変動)ですので、バッテリーも3本保持してますから目的の動画を撮影するのにほぼ十分です。

ただ最近は、屋外だけでなく屋内での撮影依頼も増えてきております。
ただそのニーズには、Phantomは機体が大きく飛行するのにリスクが伴います。

屋内は基本GPSがないか弱いので、飛行モードがATTIモードでの撮影になります。
これは、GPSや障害物探知が無効化されている状態で簡単にいうとマニュアル操縦のことです。
例えば、ホーバリング(ドローンが一定の位置で静止している状態)にしてもGPSが効いて入れば位置情報がありますので静止していることができますが、ATTIの場合は、少しの風でも影響を受けて流れてしまいます。

ドローンをちゃんとコントロールできないと墜落や店内の商品を破損してしまう場合があります。

Phantom4は、重量1.4kgで屋内飛行には機体も大きくリスクがあります。しかし、今回購入したMAVIC AIRは重量が430gとPhantom4の約3分の1です。

屋内での撮影では、高額な商品が並んであったり、貴重な文化財もあったりしますので傷つけたりしては大変です。

そこで、セカンド・ドローンとして小型のMAVIC AIRを購入しました。

 

MAVIC PROも購入対象に入っていたのですが、実際にテスト飛行もさせてもらった結果、今回は室内での撮影に絞ったので大変迷いましたが、MAVIC AIRという決定をしました。

8月10日の朝に到着したので、すぐに保険の登録を済ませ早速、スマホとMAVIC AIRをアクティベーション(起動)してみました。

機体が小さい分、どんな感じか部屋の中でテストフライしてみたのですが、まあまあプロペラの音はしますが思っていた以上に安定してフライトできます。

ジンバルをチルトしてみたのですが、デフォルトのままではクイックに反応してしまいます。
これでは、反応が良すぎなので、もっとジンバルがジワーっと動くように調整する必要があります。

MAVIC AIRの一番の利点は、なんといっても持ち運びの良さです。

折り畳み式のドローンなので、専用のケースに入れるとiPhoneより少し大きいサイズです。
Phantom4を専用のケースに入れると、ちょっとした旅行バッグほどの大きさで持ち運びも大変です。

私の普段使いのカメラバックバッグに入れて持ち運びも余裕で出来るサイズです。

どうです余裕でしょう。

セカンドバックにも収納できるほどのサイズですので、どんな時でも持ち運びが出来ます。
国内外の旅行にも簡単に持っていけるのが嬉しいです。

さて、MAVIC AIRだと広めの店内やイベントホールなんかも簡単にドローン撮影ができます。
今後、撮影機会があれば紹介します。

これからは、MAVIC AIRをどんどん使って画像や映像の質も確認していきます。
・最大画像サイズは、4.056×3.040
・ビデオ録画モードも4K、2.7K、FHDと3つのモードから選べます。

 

依頼の現場でPhantom4かMAVIC AIRをで使い分けしていきたいと思います。

すでに飛行許可申請をしているので1ヶ月以内に取得できると思います。

ドローンがあれば、普段人間が踏み入れられない場所でもいとも簡単に撮影ができ
あなたの欲しい空からの映像を手に入れることができます。

クライアントが持つ価値をより引き出しターゲットにリーチする動画制作に努めます。

関西でドローン撮影をお探しの方は、株式会社コラボズまでご相談を。



コメントを残す

*

PAGE TOP

新着記事INFORMATION



株式会社コラボズ - Collavoz Co.,Ltd.

〒665-0035
兵庫県宝塚市逆瀬川 1丁目 15-2-102
TEL: 0797-73-5554




MENU

TEL

CONTACT
HOME