石垣島にてドローン撮影

:0797-73-5554
お急ぎの場合は:090-3168-2278

石垣島にてドローン撮影

2017-02-20

いきなりですが石垣島の中心街(空撮)

私は、現在49歳ですが、今から22年前に初めて石垣島を訪れました。

当時の石垣島は、とても素朴な島で空港も飛行機から直接地上に降り、旅客は全員歩いてターミナルとは言えない小さな建物に入りました。

行った時期は11月後半。
関西では、ジャンパーが必要で、朝晩も冷え込み始めた時でした。

大阪から2時間半ぐらいで着いたその島は、とても暑かった。
すぐに3ヶ月前の格好に変身したのを覚えています。

人も優しく、飯も酒も美味い!

当時は、今みたいにスマホもありませんので気軽に撮影ができません。
阪神大震災もあり、誰かが撮った竹富島での写真1枚があるだけ。

そんな楽しい思い出の詰まった石垣島にてドローン撮影することになるなんて。
前の夜はドキドキ、ワクワクで寝れませんでした。

さて、着いてびっくりしたのが、素晴らしい空港が出迎えてくれたことでした。
あれ?あれ?ここは何処?って感じです。

『そりゃ22年経てば石垣島も変わるな〜!』と思いながら空港の外に。
大阪を出るときは寒かったが、着いたら暖かくカラッとしている。
(すぐ半袖に)

海外とは違い、レンタカーもスムーズに借りれ、今回のドローン撮影のテーマを撮りに島の北部を目指します。

空港を離れればすぐにサトウキビ畑が出現。
収穫期を迎えているのか、至る所でトラクターやサトウキビを積むトラックがある。

味の素の宣伝で観る、人の背丈以上に伸びたサトウキビ。
何気ない風景を見るとやはり南島はいいな〜と思う。

20〜30分ぐらいで目的地周辺。
腹も減ったので美味しいと評判のソーキそば屋を訪ねたら『休業』
あちゃー残念〜!

しかも、3月まで休業との張り紙が…。

あ〜せっかく来れた有名店だけに残念度合いがマックスに!

旅にはハプニングがつきもの。
これが楽しい!

しかし、こうなると一気に腹が減る。
どこが美味い店なのか分からない。

気づくと風が吹いている。
空を見上げると上空はもっと風が吹いている。

風速5mをかるーく超えているので、北上するのは止めて市内に向かうことに。

時間も午後2時前。
ランチとかが終わる時間なので、美味しいソーキそばか八重山そばをネットで検索しつつ走行。

こんな時、ネットって本当に便利。

やっと見つけた八重山そば屋、しかし時間が2時を過ぎている。
そこで、電話することに。

すると

『えっ終わり!今日関西から来たんです。
お願いですから食べさせてください!』

ってお願いすると

開けて待っててくれることに!

なんて、島ちゅうは優しいだと改めて好きになりました。

豚骨の出汁を何回も油分をすくって透明になるまで漉して
できた出汁は本当に美味しい島の味。

八重山そばを満喫した後は、ホテルにチェックイン。
なんとオーシャンフロント!

目の前は、離島を行き来する港。
これはタイムラプスでも撮ろうと早速カメラをセット。

少し休憩して、街の探索に出かけてみる。

22年前とは大違い!(そりゃそうだ)

店がメチャクチャ増えてるし、商店街もある。
街に出店している様なオシャレなアクセサリー屋まで。

一通り見終わってから予約してた最初の居酒屋に。
そうそう、石垣島は居酒屋が異常に多い。

その中でオススメのお店を知り合いから紹介してもらい舌鼓。

サラダがボリュームがあって安くて美味い!
この三拍子は余りないから価値がある。

その他おすすめを3品食べて泡盛飲んで酔っ払う。

初日は、食べて飲んですると旅の疲れも出て10時ぐらいに寝てしまいました。

二日目の目覚めは朝6時。
肌寒いですが、半袖半パンでバルコニーの景色を見てられる。

さあ、帰るまでのドローン撮影!本腰入れるか!!!

二月の石垣島は、雨か曇りで風が強い日が多いです。
ってことはドローン撮影には厳しい状態だったってことです。

何人ものローカルに聞きましたが一番のベストシーズンは六月とのこと。
もっともっと綺麗とのことですので六月、もう一度訪れたいと思います。

ドローンには、沢山の可能性があります。

もし、ドローン撮影やドローン動画が必要な方がおられましたら
気軽に相談してください。

ここにリンクを貼っておきます。

お問い合わせ

<川平湾>



コメントを残す

*

PAGE TOP

新着記事INFORMATION



株式会社コラボズ - Collavoz Co.,Ltd.

〒665-0035
兵庫県宝塚市逆瀬川 1丁目 15-2-102
TEL: 0797-73-5554




MENU

TEL

CONTACT
HOME